メダルゲーム

メダルゲーム攻略記vol.21【フォーチュントリニティ+α】シンプルにJPを狙う!!

投稿日:

 

こんばんは。

突然メダルゲームのジャックポット(JP)の払い出しをのんびり眺めたくなったジェネラル(@04_01yoshi)です。

 

今回の記事は10月19日(土)の実践記です。

 

仕事が休みということもあり、不意にJPを拝みたくなってしまいました。

ということで大好きなゲーセンへ。

 

 

午後から3時間の実践なので

 

「果たしてJPを獲得出来るのか...」

 

という不安すらあります。

でも、せっかくメダルゲームを実践するのに不安になっていても仕方ないので、気を引き締めていざゲーセンへ。

 

 

【実践内容】

 

13:30

ホームのゲーセンであるサープラ富士店に到着。

ここからとりあえず

 

「JPを拝みたい」

 

という欲望を満たすために台を選ぶことに。

 

 

結果、選んだ機種は

 

「フォーチュントリニティ」

 

3種のJPどれでも良いから当てたる!!という感じで実践。

 

 

ちなみに、今回実践した機種は

・フォーチュントリニティ

・Deep Seabed

・トリプルドロージョーカーズワイルド

・GⅠワールドクラシック

 

フォーチュントリニティ以外は短時間&微妙な実践ですが、紹介していきます。

 

まずはフォーチュントリニティの実践内容から紹介していきます。

 

 

★フォーチュントリニティ実践内容

 

今回の実践のスタートで選んだフォーチュントリニティの台の状況は以下の通り。

 

 

なぜこの台を選んだのか。

理由は以下の通り。

・フィールドのメダル&オーブの進みが良い。

・オーブは奥だが真ん中。

・青JPCが3つ。

 

 

「理由弱ぁ〜」

と思う方もいるでしょう。

選んだ理由で最も強いのは

 

台のクセが良い

 

これが一番大きいです。

 

ということでまずはJPCを目指します。

 

 

1時間後...

 

 

JPCの獲得までかなりの時間を要しましたが、やっとここまで辿り着きました。

リーチも赤以外はたっぷりあるので、

あとは「当てるだけ」

 

さてさて、JPCスタート。

1球目の結果は...

 

 

黄JPCあるあるのニアピン

これは本当にあるあるなので次に期待。

 

注目の2球目の結果は...

 

 

赤に入った時点で諦めムードでしたが、これまたニアピン

ということで...

 

 

100枚で終了...

 

とりあえずJPを拝みたいので続行。

 

 

次のJPCは割と早く10分後。

 

 

今回は青JPC

イベントは赤JP5000枚。その他JP通常。

というイベント。

 

ということで現在の青JPの枚数は...

 

 

1526枚。

この枚数なら2倍が欲しいところ。

 

倍率抽選の結果は...

 

 

見事2倍穴へ。

肝心なJPCの結果は...

 

 

見事JP獲得!!

枚数は...

 

 

 

3056枚!!

JPゲットで枚数もなかなか!!

1時間ちょっとでJPをサクっと当てれて一安心。

 

この後はある程度の整地をして

 

 

フォーチュントリニティの実践はこれにて終了。

続いて、その他の実践をまとめて書いていきます。

 

 

★その他の実践内容

 

その他の実践は以下の3機種

・Deep Seabed

・ジョーカーズワイルド

・ワークラ

 

順番に書いていきます。

まずはDeep Seabedの実践内容から。

 

 

・Deep Seabedの実践内容

 

Deep Seabedの基本

・真ん中にジョーカー止める。

     ↓

・まとまったwinを獲得。

     ↓

ダブルアップで4桁目指す。

 

この流れでいつも遊戯しています。

今回もとりあえず真ん中にジョーカーが来るまでひたすら回します。

 

すると...

 

 

割と早めのジョーカー登場

 

あとは回転数ですが、だいたいが4or5

7なんて選ばれたらラッキー。

10とか20って飾りレベル。

 

というくらいのスタンスで見守っていると…

 

 

まさかの10回転

 

しかし、これを鵜呑みに出来ないのがこのゲームの面白いところ。

4回転でもめちゃくちゃ配当が高い時もあれば、7回転なのにめちゃくちゃショボい時もあります。

10回転は初めてですが…

 

期待せずに見守っていきます。

 

 

配置的に今回は右上にジョーカーor7が欲しいところ。

 

しかし…

 

 

 

 

 

ことごとくジョーカーor7は止まらず。

 

結局、185winをダブルアップしていくことに。

結果は…

 

 

ディーラーに赤7という鬼ヒキ…

これはもちろん…

 

 

即撃沈…

深追い→痛い目に合う

というコースがお馴染みなのでここでDeep Seabedの実践は終了。

 

続いてはポーカー、ジョーカーズワイルドの実践内容です。

 

 

・ジョーカーズワイルドとワークラを少々

 

 

ジョーカーズワイルドの基本

 

ポーカーで20枚以上のwin獲得。

    ↓

ダブルアップ。

    ↓

4桁。

 

状況によっては700~900枚くらいでドロップする時もありますが、基本は4桁狙い。

この方法が意外とハマるケースが多かったりします。

 

今回、上手い具合にハマるかはわかりませんがいつも通りの方法でいきます。

とりあえずは20枚以上のwinをダブルアップしていきます。

 

理想は

50→100→200→400→800

60→120→240→480→960

70→140→280→560→1120

 

こういう感じです。

間にポーカーの役が絡めば配当は爆上がり

 

果たして上手く行くか…

とりあえず100winを獲得してダブルアップ。

結果は…

 

 

100×2+700=900

いやー、フォーカードは出来過ぎです。

 

ジョーカーの予告音(テロテロンみたいなやつ)がなってもなかなか役が成立しない中、ディーラーに勝ち尚且つフォーカード。

ファインプレーです。

 

…ここで間違えてファイブカードなら大事故だな。と思ったのは僕だけではないはず。

 

とりあえず内部のクレジットは1000枚オーバー

のんびり30BETでいきます。

 

しかし…

順当に減っていき……

 

最後は60枚BETで…

 

 

まさかの残りクレジット0で240win。

「ちょうど良いタネ銭もろたで…」

ということでダブルアップ

 

ここからの大逆転を…

結果は…

 

 

…ディーラーの初手Qは強過ぎ……

 

むしろ配られたカード弱過ぎ

 

ジョーカーの予告音しなかった時点である程度諦めました。

ということで内部のクレジットは0に。

 

・メダルが手入れで大変

・ワークラのログアウト調教処理したい

・迫る制限時間

 

上記の理由で続行せず。

ということで手持ちを預けます。

 

手持ちの枚数は…

 

 

1282枚。

2000枚で始めたので約700枚のマイナス

 

これくらいで済んで良かったです。

最後にちょっとワークラを。

 

ワークラはログアウト調教の処理をしていきます。

 

状況はこんな感じ。

 

 

1年分のログアウト調教だったので、だいたい半分くらい終わってる感じです。

それをこんな具合に…

 

 

これを見て「同じじゃん」と思う方もいるかもですが、実際はかなり意味があります。

意味を知りたければTwitterのDMまでお願いします。

 

ちなみにオーナー情報はこんな感じ。

 

 

次にサープラに行ったらそこそこワークラやろうと思います。

実践はこれにて終了。

 

 

【今回の立ち回りの反省】

 

今回は冒頭にも書きましたが、

 

「とにかくJPを獲りたい」

 

ということでプラスで終わることは考えていませんでした。

 

それでも、

 

「プラスで終われるタイミングがあったのにプラスで終われなかった」

 

というのは反省しなければいけません。

 

結論から言えばジョーカーズワイルドで1000枚越えて即ヤメ。これがベストでした。

JP狙いという自分を癒す目的であったとしてもメダルの所持枚数に依存し過ぎるのは良くないなぁと感じました。

 

次回からはプラスで終わることも少しは頭に入れながら遊戯したいと思います。

こういった反省もワークラ以外の実践ではしっかりやっていこうと思います。

 

 

【今後の実践予定】

 

今後の実践に関しては

 

「ワークラを少ししっかりやりたい」

 

かな。と思います。

最近、サボり気味で微妙な感じなので「ブランデー集め」を中心に実践していきます。

 

ワークラは他のメダルゲームとは異なり

 

「増やすために遊戯していない」

 

状態です。

では、なぜワークラを遊戯しているかと言うと

 

「記録を残すため」

 

それでもメダルゲームは基本80~90%程度でペイアウトが設定されているため、絶望的にメダルが減るわけではありません。

 

ワークラで結果を残すためのメダルをワークラ以外のゲームで増やす。

あとは検証企画も行っていきますし、今回のように純粋にメダルゲームを楽しむ回もあります。

いろいろな目的で実践していくので結果もいろいろですが、少しでも記事を楽しんで読んで頂けたら幸いです。

 

記事の最後にメダルゲームで遊ぶ上で必須と言っても過言ではない

 

「増やす方法」

 

についての記事を紹介します。

 

 

【メダルを増やすために読む記事】

 

メダルを増やすために必須級で読まないといけない記事は2つ。

その記事はこちら↓

 

【メダルゲーム】所持メダル30万枚越えのメダルゲーマーが教える『メダルを増やす方法』3選

 

【2019年】メダルが稼げる機種を伝授!!メダルゲームで稼げる機種3選

 

上記の記事は

・メダルを増やす方法

・稼げる機種

 

をそれぞれ紹介しています。

 

ただ、メダルゲームを何も考えずに遊んでいるだけではメダルは増えません。

少しでもメダルを増やすための役に立てば幸いです。

 

今回の記事はこれにて終了です。

 

 

-メダルゲーム
-, , , , ,

Copyright© ジェネぶろ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.