メダルゲーム

【GⅠワールドクラシック攻略記】第25話-稼ぐ前の10万漬け&持ち馬紹介前編-

投稿日:

皆さん、こんばんは。
ジェネラルです。

今回の記事はワークラの漬け記事です。

なかなか漬けも順調でメイン+サブ12枚に対して合計で60万クレジット完了しています。

漬けは今回でとりあえず完了です。

走らせたらどれくらい稼いでくれるかは楽しみにしながら今日も漬けに勤しみたいと思います。

では早速、実践記です。

今回の漬けは10万クレ。
先日、ログアウト調教を解除したカードが多いので今日は早めに終わりそう。

やることは
ひたすらログアウト調教とムチ連打。

では、漬け完了まで時を飛ばしたいと思います。

……
………
1時間26分後…
がっつり漬けて地味に残ったクレジットは馬券で消費。

とんでもなく省略して尺が余っているので各カードの持ち馬リストを紹介していきます。
まずはメイン。

マミーズは5倍。
サバイは3倍。
その他は2倍。

基本、全頭パラ裏MAX。
ただ、マミーズとサバイに関しては果てし無く漬けていく予定。
理由は『発動馬』に活かすから。
いつ発動馬候補を生産するかは不明。

個人的には発動馬で記録を狙うのは『稼ぎ馬』でそこそこメダルを稼いでから。
稼ぐと言っても10万、20万ではなく...
100万枚位欲しいので、発動はまだまだ先かも...

とりあえずは夏過ぎたくらいでぼちぼち発動馬が生産出来たら...
と考えています。

それまでにメダルを稼ぎながらメインのインはまあまあ増やしておきたいところ。

続いてはサブ1。

ゴバイは5倍。
その他は2倍。

この5倍馬も現時点ではとりあえずは漬けてストックしておこうと考えている馬。
その他の2倍馬達のパラはギリギリ裏MAXではなく間違いなく裏MAX以上。
たっぷり稼いでもらいます。

次はサブ2。

全馬2倍。
パラは裏MAX以上。

馬齢が比較的若いですが、これは...

・効率にインしていく。
・稼ぐ時に年齢による引退防止。

『タイミングを計って生産する』
簡単そうに聞こえますが、これがなかなか難しい。
難しいというか、忘れやすいです。

『加齢によるパラカット』
があるのかどうかはわかりませんが、個人的にはそう言った点も少し不安なので...
一応、個人的な不安要素を消し去る為にも必要な工程の1つです。

次はサブ3。

全馬2倍。
パラは裏MAX以上。

馬齢もしっかり調整出来ています。
もう稼ぐ気満々な状態www
たっぷり稼いでくれるでしょう。

次はサブ4。

全馬2倍。
パラは裏MAX以上。
※馬齢調整済み。

こうやってカード別に確認していくと、
『頭数が違う』
ことに気付く。

でもイン枚数はほぼ同じ。
すなわち...
稼ぐ枚数もだいたいおんなじ様な感じww

まぁ、稼ぐ時に多少の上ブレ、下ブレがあるのでそれを楽しみたいと思います。

続いてサブ5。

全馬2倍。
裏MAX以上。

たまぁーにこうやって
『馬齢調整』
が出来てないwww

集中力が足りてなさ過ぎる...
でもメインとサブ合わせて13枚に全部集中するのはなかなか難しい。

極論は
『イン出来てればいっかww』
みたいな感じになってます。

続いてサブ6。

全馬2倍。
裏MAX以上。
※馬齢調整済み。

サブ5とは打って変わって完璧な馬齢調整。
これが最適ですね。
文句なしの稼ぎ態勢です。

続いてサブ7。

全馬2倍。
裏MAX以上。
※中途半端に馬齢調整済み。

個人的に稼ぐ時の頭数は4頭がベストだと思っています。
5頭以上になるなら2歳馬や3歳馬が絡んできて欲しいところです。

やっぱり稼いでいて苦痛なのは
『出るレースがない時』
これがきついです。
そう意味では2歳馬、3歳馬がいると最強っちゃ最強ですが...
これがまた『馬齢調整』が面倒なんですよね。
全てのカードで調整するのは厳し過ぎる...

この工程に慣れてきたら少しずつ調整していきますww

全てのカードを紹介していくとかなり長くなるので続きは次の記事に載せたいと思います。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
また別の記事でお会いしましょう。
それでは。

-メダルゲーム
-, , , ,

Copyright© ジェネぶろ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.