メダルゲーム

【2019年】メダルが稼げる機種を伝授!!メダルゲームで稼げる機種3選

更新日:

メダル 稼ぐ

こんにちは。

ジェネラル(@04_01yoshi)です。

 

この記事を読んでいるあなたは

「メダルゲームは楽しいけどメダルが減ってお金がかかる...」

「メダルを増やしたいけどどうすれば増えるかわからない...」

と思っているのではないでしょうか。

 

もしかしたら、

「ゲームセンターだって慈善事業じゃないから最後にはメダルが無くなるようになってるんだよ。」

とすら思っているのではないでしょうか。

 

そのままメダルゲームを続けていると最悪の場合、

 

『めちゃくちゃお金を使わされる。』

 

ことになります。

 

でも安心して下さい。

総所持メダル枚数35万枚越えの僕が、

 

『メダルゲームにおいて稼げる機種』

 

について書いていきたいと思います。

 

この記事を読むことでメダルゲームで稼げる機種がどういう機種なのかがわかります。

 

この記事は

・メダルゲームが好きな人

・メダルがなかなか増えない人

 

にオススメな記事です。

 

この記事を最後まで読んでメダルを増やせるようになりましょう。

 

稼げる機種じゃなくてメダルを増やす方法を教えてくれ‼︎

という方にはこちら↓の記事がオススメです。

【メダルゲーム】メダル30万枚越えのメダルゲーマーが教える『メダルを増やす方法』3選

 

 

では早速、本題に移ります。

 

 

稼げる機種3選

 

メダルゲーム歴20年の僕がメダルを稼ぐ上で重宝した機種を3つ紹介します。

 

ここで紹介する機種は絶対増やせる機種を紹介するのではなく、上手く立ち回れば稼げる機種を紹介します。

 

スピンフィーバー

スピンフィーバー3夢幻のオーケストラ画像

KONAMI公式HP『SPINFEVER 夢幻のオーケストラ』より引用

この機種はプッシャー系の中でも筐体の大きさが小さい機種です。

 

★筐体が小さい機種の特徴★
★筐体が大きい機種と比べて落ちが良い傾向にある。
★メダルの消費が少なく済む。
★筐体が大きい機種と比べてジャックポット(JP)枚数が少ない。

 

簡単に言えば...

『ローリスクミドルリターン』

という感じです。

 

★スピンフィーバーの利点★
★メダル持ちが良い。
★JP枚数が多い。(最大5,000枚)
★見極めがし易く立ち回りやすい。

 

メダルを稼ぐ上で大事なのは

『増やすこと』

以上に

『減らさないこと』

が非常に重要です。

 

★スピンフィーバーでのプレイスタイル★
★小さい筐体としてのメダル持ちの良さを活かしながらプレイ。
最大枚数5,000枚のJPや中当たりの2種の4桁JPを狙う。
★ボールの位置や内部の状態などを考慮し立ち回る

 

メダルを稼ぐという意味でリスクを抑えながら当たりを狙えるこのスピンフィーバーは数あるメダルゲームの中で最もおすすめです。

 

グランドクロス

メダルゲームで人気が高い稼げるグランドクロスレジェンドの画像

KONAMI公式HP『GRANDCROSS LEGEND』より引用

『現在のメダルゲーム界において無くてはならない存在』

と言っても過言ではない機種です。

ラウンドワンの機種別設置店舗数ランキングでも当然上位の機種です。

人気はズバ抜けています。

 

この機種はメダルゲームの中で筐体の大きさはトップクラスです。

筐体の大きい機種の特徴は以下の通り。

 

★筐体が大きい機種の特徴★
★筐体が小さい機種と比べて落ちが悪い傾向にある。
★メダルの消費が多い。
★筐体が小さい機種と比べてジャックポット(JP)枚数が多い。

 

簡単に言えば...

『ミドルリスクハイリターン』

という感じです。

 

★グランドクロスの利点★
★JP枚数が多い。(最大5,000枚以上)
★JP以外でもメダルの獲得チャンスがある。

 

とにかくメダル獲得のチャンスが多く、獲得出来るメダルの枚数も多い。

 

リスクもそれなりに高い為、普通にプレイしたらただの

 

『ハイリスクハイリターン』

 

立ち回りでハイリスクをミドルリスクに落とす必要があります。

 

★グランドクロスでのプレイスタイル★
最大枚数5,000枚以上のJPやスロットの当たりを狙う。
★メダルの落ち、ボールの位置、内部の状態などを考慮し立ち回る

 

『立ち回り』を意識しなければならない。

という点を考慮すると中級者以上向けかなと思います。

 

とにかく『メダルの消費』を減らすことを意識することが重要です。

 

 

フォーチュントリニティ

メダルゲームで人気が高くメダルを稼げる機種フォーチュントリニティ

KONAMI公式HP『フォーチュントリニティ3』より引用

 

この機種はメダルゲームの中でも歴史のある機種です。

フォーチュントリニティの前はフォーチュンオーブという機種があり、その機種も面白く稼ぐことが出来る機種でした。

当時、グランドクロスシリーズの機種がまだ出ていなかった時は店舗のプッシャー系メダルゲームとして看板機種となっていました。

 

そんなフォーチュンシリーズの最新機種です。

筐体の大きさは

グランドクロスとスピンフィーバーの間

で中くらいです。

 

★筐体が中くらいの機種の特徴★
★筐体が大きい機種と比べて落ちが良い傾向にある。
★筐体が大きい機種と比べてメダルの消費が少なく済む。
★筐体が大きい機種と比べてジャックポット(JP)枚数が少ない傾向にある。
※小さい機種と比べると落ちは悪く、メダルの消費が多く、JP枚数は多い

 

簡単に言えば...

『ミドルリスクミドルリターン』

という感じです。

 

★フォーチュントリニティの利点★
★メダル持ちがまあまあ良い。
★JP枚数が多い。(最大39,996枚)
★見極めがし易く立ち回りやすい。

 

基本的には大きい筐体と小さい筐体の間のスペックですが、大きな違いが1点。

 

ジャックポット(JP)での最大獲得枚数です。

その枚数はなんと最大39,996枚

 

確率はなかなか低いですが、そのチャンスがあるというだけで他の機種には無い大きな魅力の1つと言えます。

 

★フォーチュントリニティでのプレイスタイル★
★小さい筐体には劣るがメダル持ちの良さを活かしながらプレイ。
最大枚数39,996枚のJP他の4桁JPを狙う。
★ボールの位置や内部の状態などを考慮し立ち回る

 

JPの最大枚数は魅力ではありますが、それありきの立ち回りはかなり無謀です。

通常時のスロット(内部)の状況やボールとメダルの動きをしっかりと観察しながらプレイして立ち回ることが重要です。

 

まとめ

 

今回の記事では経験からメダルを稼ぐのにおすすめな機種を紹介しました。

立ち回りなど中級者以上の方がある程度身に付けているスキルも必要ですが、まずは機種毎の特性を理解することが重要です。

 

もちろん、稼げる機種だからといって「毎回毎回勝てるか」というとそうではありません。

 

しかし、機種毎の特性や内部状況の見極め、台毎のクセ等を元に少しずつ立ち回りのスキルは向上します。

 

経験値を高めながら、ただ漠然とプレイするのではなく

考えながらプレイをする。

ということが必須だと考えます。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。
また別の記事でお会いしましょう。
それでは。

 

-メダルゲーム
-, , , ,

Copyright© ジェネぶろ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.