メダルゲーム

メダルゲーム攻略記vol.8【ボーナススピンA、Deep Seabed】

更新日:




皆さん、こんばんは。
ジェネラルです。

今回の記事は攻略記ということでボーナススピンAとDeep Seabedの実践結果を記事にしていきます。

早速、実践内容をどうぞ。

500枚を元手にボーナススピンAを遊戯開始。
ボーナススピンZと比較するとフリーゲームの当選確率が高く甘めの機種です。

メダルを1枚ずつ手入れしながら10枚賭け遊戯をしていると...

早速フリーゲーム当選!!
本当にZと比べると甘いです。

フリーゲームはまず神経衰弱のようなゲームにチャレンジです。
1枚ずつカードを捲っていき、同じカードが出たらそのカードに書かれている倍率とゲーム数でフリーゲームが始まります。

捲ると...

1倍の4ゲーム...
これをもう1枚引いたらなかなかきついやつ...
もう1枚捲ると...

2倍の10ゲーム。
これは良いカードです。
最も良いのは『マルチリール』ですが滅多に当たらないです。

結局、揃ったのは...

2倍の10ゲーム!!
結果は...

450枚。
んー、微妙。
でも早めの当たりなので全然嬉しいです。

ピエロとの相性に不安を感じた為、ここでピエロの種類を変えることに。
そして次の台は...

Deep Seabed。
真ん中にピエロか金色の宝箱を止めるゲームですね。

ピエロ→フリーゲーム
宝箱→上部のルーレット

という感じです。
とりあえず10枚賭けで遊戯開始。
すると...

早速、ピエロが。
ゲーム数は...

5ゲーム。
まあ、こんなものでしょう。
獲得枚数は...

350枚となかなか。
続行。
すると...

またもやフリーゲーム。
ゲーム数は5ゲーム。
獲得枚数は...

310枚。
なかなかコンスタントに当たってくれるので楽しいですね。
続行。

再度、フリーゲームを獲得。
今度は7ゲーム。
獲得枚数は...

260枚...
7ゲームにしては少ないですね。

7ゲームでの獲得枚数が少なかったことを理由にヤメ。

実践はこれにて終了。

今回はまあまあプラスで終われました。
勝因はなんと言ってもやめ時ですね。
勝ち逃げが勝率を上げる為の近道です。

今後もやめ時に関してはシビアに立ち回りたいと思います。

本日:+633枚
累計:+1,599枚

ここまで読んで頂きありがとうございました。
また別の記事でお会いしましょう。
それでは。


-メダルゲーム
-, ,

Copyright© ジェネぶろ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.