【ポケカ】トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)の3つの良い点と2つの悪い点

トレカプロテクトハードタイプのアイキャッチ ポケカ

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)ってどんなスリーブなの?

どんな特徴があるの??

今回の記事では、実際にトレカプロテクトハードタイプ(アンサー)を購入して使用した僕が3つの良い点2つの悪い点を解説します。

 

 

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)

 

記事の内容は、

・3つの良い点

・2つの悪い点

・価格情報

・こんな人におすすめ

 

この記事を読むことでポケカLIFEがさらに楽しくなります

 

この記事は、

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)の購入を悩んでいる

どのスリーブが良いか悩んでいる

・ポケカをコレクションする予定

・これからポケカを始める

・ポケカ初心者

 

上記の方々におすすめです。

この記事を最後まで読んでワンランク上のポケカLIFEを楽しみましょう。

3つの良い点】

 

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)3つの良い点は以下の通り。

コレクション用に最適

抜群の硬さ

安い

 

それぞれ解説します。

 

コレクション用に最適

 

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)1つ目の良い点はコレクション用に最適という点です。

 

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)の特徴は、

硬さ(スタンダードサイズにしては硬め)

・両面クリアでイラストが鮮明に見える

 

この特徴はカードをコレクションする際に活かすことができます。

そこそこな価格のシングルカードをコレクションする際には、一重のスリーブでは心許なく感じます。

 

そんな時はこのトレカプロテクトハードタイプ(アンサー)を使用した二重スリーブがおすすめ。

二重スリーブの手順は以下の通り。

・ぴったりサイズのインナースリーブにカードを入れる。

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)に入れる。

 

手順はこの2つのみなので簡単。

実際に二重スリーブをしたカードがこちら

トレカプロテクトハードタイプの二重スリーブ

使用しているインナースリーブはカードバリアー100パーフェクトサイズ(KMC)

二重のスリーブで湿気や汚れを防止トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)折れを防止

なかなかしっかりガードできます。

 

さらにこの二重スリーブ構成だとバインダーにぴったりです。

実際にバインダーに入れるとこんな感じ

 

トレカプロテクトハードタイプをバインダーに入れた

 

使用しているバインダーはポケモンカードファイル(Fooxon)

サイズ感ぴったりで汚れ・湿気・折れを防止しバインダーのポケットからの落下も防止できます。

コレクション用のスリーブとして人気がある点はトレカプロテクトハードタイプ(アンサー)の大きな魅力です。

 

抜群の硬さ

 

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)2つ目の良い点は抜群の硬さです。

その名の通りなかなかなハードタイプ

 

人気のあるスタンダードサイズ(66×91mm)のスリーブは、

 

などがあります。

KATANAスリーブの詳しい解説はこちら

【ポケカ】アルティメットガード「KATANAスリーブ」の4つの良い点と3つの悪い点
ポケカに使用されているアルティメットガード「KATANAスリーブ」を解説。内容は4つの良い点、3つの悪い点、価格情報、こんな人におすすめ。これからポケカを始める方、ポケカ初心者の方、スリーブを購入予定の方、スリーブで悩んでいる方におすすめの記事。

 

エクリプススリーブ(マット)の詳しい解説はこちら

【ポケカ】ウルトラプロ「エクリプススリーブ(マット)」の3つの良い点と5つの悪い点
ポケカに使用されているウルトラプロ「エクリプススリーブ(マット)」を解説。内容は3つの良い点、5つの悪い点、価格情報、こんな人におすすめ。これからポケカを始める方、ポケカ初心者の方、スリーブを購入予定の方、スリーブで悩んでいる方におすすめの記事。

 

ハイパーマット(KMC)の詳しい解説はこちら

【ポケカ】ハイパーマット(KMC)の4つの良い点と3つの悪い点
ポケカに使用されているハイパーマット(KMC)を解説。内容は4つの良い点、3つの悪い点、価格情報、こんな人におすすめ。これからポケカを始める方、ポケカ初心者の方、スリーブを購入予定の方、スリーブで悩んでいる方におすすめの記事。

 

しかし、この中のどれもが硬さには特化していません

なぜなら「使いやすさ」を重視しているから。

わかりやすく言えば上記3つは実戦タイプ

 

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)保護タイプ

硬さでカードを守るにはかなり重宝されるスリーブ。

 

他のスリーブに備わっていない「硬さ」という武器。

これもトレカプロテクトハードタイプ(アンサー)の魅力の1つです。

 

安い

 

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)3つ目の良い点は安価で購入できる点。

 

上述したKATANAスリーブエクリプススリーブ(マット)は余裕で1,000を超えます。

安いと評判のハイパーマット(KMC)でさえ356円~

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)はさらに安い264円~

 

この価格は高いKATANAスリーブエクリプススリーブ(マット)と比較すると1/41/5と破格

この破格の安さトレカプロテクトハードタイプ(アンサー)の魅力です。

 

 

2つの悪い点】

 

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)2つの悪い点は以下の通り。

対戦にはあまり向かない

デッキに使用するなら2ほしい

 

それぞれ解説します。

 

対戦にはあまり向かない

 

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)1つ目の悪い点は対戦にはあまり向かないという点。

 

上述した通り、トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)のウリは硬さです。

硬さがあると必然的にプレイはしにくくなります

 

もちろん、カードを保護しながらプレイしたいという方も一定数います。

少しでもカードを大切にしたい。というのはとても大事なことなので、そういった方々については全く否定しません。

 

しかし、スムーズかつスピーディーにプレイしたい。という人も多いのが現実。

使いやすさを求めるのであればトレカプロテクトハードタイプ(アンサー)適していません

 

使いやすさでいえば、

 

の方が優れています

この対戦に向かない。という点はトレカプロテクトハードタイプ(アンサー)の欠点の1つです。

 

2個以上の購入がベター

 

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)2つ目の悪い点はデッキに使用する場合2個以上欲しいという点。

 

理由は2つ。

予備があると安心

送料

 

「デッキぴったり60枚」なのは間違いありませんが、予備のため1つ多めに購入することをおすすめします。

 

というのも、スリーブ自体が消耗品であるためです。

どんなに良いスリーブでもカードを入れようとして裂けたり、折れたり、曲がったりということはあります。

それが新品で起きるというのは確率としては低いですが、あり得ます。

 

最初の1個は試しで購入して対戦で使いたい。と感じたら1個追加で購入する。というのも悪くはありません。

しかし、それでは送料が倍かかってしまいます。

送料によってはまとめて購入した方がお得になるので複数個同時に購入することをおすすめします。

 

 

【安価で購入可能】

 

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)は上述したようにかなりリーズナブル

ECサイトの価格は以下の通り。

Amazon:425

楽天:330

ヤフー:264

 

最安値はヤフー264円

ECサイトやショップによって送料の条件や価格が異なるため確認必須です。

 

 

【コレクション用に硬いスリーブが欲しい人におすすめ】

 

今回の記事では、実際にトレカプロテクトハードタイプ(アンサー)を購入して使用した僕が3つの良い点2つの悪い点を解説しました。

 

 

トレカプロテクトハードタイプ(アンサー)

 

記事の内容は、

・3つの良い点

・2つの悪い点

・価格情報

・こんな人におすすめ

 

簡単にまとめると、

3つの良い点>

コレクション用に最適

抜群の硬さ

安い

 

2つの悪い点>

対戦にはあまり向かない

デッキに使用するなら2ほしい

 

<価格情報>

Amazon:425

楽天:330

ヤフー:264

 

<こんな人におすすめ>

コレクション用に硬いスリーブが欲しい人におすすめです。

もちろん、対戦でも使用可能なので対戦で使用してみてしっくりこなかったらコレクション用に変更というスタンスでもOK

 

今回の記事はこれにて終了です。

 Twitterでは主にポケカや遊戯王について発信しています。

ジェネラル(@04_01yoshi)

よろしければフォローをお願い致します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました